今日はカービングシンギングボール工場チェックの日。
決して大人が砂遊びをしている訳ではありません。


シンギングボールの型枠を作っているところですね。


先ずは、マスターピースを使い型枠を作ります。








一見普通の砂に見えますが、この砂はカトマンドゥの砂ではなく、山岳地帯に流れる川から運んできた砂に、サトウキビから砂糖をつくる際に出る黒い液体を混ぜて作る特製の砂だそうです。この砂で良い型が作れるそう。


うひょ〜、良いね〜。ついついニヤけてしまうお兄さん、ありがとう。


そして、型枠が出来あがったかを確認後マスターピースを外し、再びふたを閉じたところに・・


溶かしておいた金属たちを流し込むっ!!
流しこめッ!!
ふ〜、興奮して来たぜ。






そんな男は放っておいて、すかさず型枠を外し、まだアツアツのシンギングボール原型が姿をあらわしました!




いっちょ出来上がり!


きれいに砂を落とした終えたら、こんな感じ。


そして、待ってました俺の出番だ!!と笑顔のお兄さん。
ここで最終的な磨きに入っていきます。
このお仕事も、大変そうです。
御苦労さまです。


う〜む。
素晴らしい。
このような過程を経て、シンギングボールは出来あがってきます。
そして、僕は職人さんにお話をさせてもらいます。
「僕は何もできません。皆様のお陰で全て成り立っています。
良い仕事を、いつもありがとう。」
お邪魔しました。


最後に、バジュラを作っているお兄さん♪
いつもお取引していただいているシンギングボールの製造工場。

工場の敷地に入る手前から「カーーーーン! カーーーーン!」と金属を打ついい音色が聞こえてきます。



みなさん、今日も元気に打ってらっしゃいます♪



実はこれが、シンギングボールの原型ですよ〜ヾ(*´(エ)`*)ノ゛



何度も何度熱して、ある程度の半円の形まで削ります。



そして、ここから打ちだしに入ります!(`・ω・´)キリッ



石炭を使用して再度、数百度の高温に熱しては、



打つべし打つべし打つべし!c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ



そうして、段々と形作っていしきます。



いつも同じ場所で打っているおいちゃん。

今は真剣なので頑固一徹な表情をしておりますな♪

ゆるんだ表情がとても素敵なんだそうですよ♪



仕上げに表面を軽く削って、はい!出来上がりです!



そして、最後に金属をしっくり慣らすために墨を塗ります。

打ちだしのシンギングボールは金属の厚さにもよりますが、人の手で打たれた物だけに音も一つ一つ微妙に違っていて、すごく深みのある音がするんですよ♪



こちらは打ちだしではなく、機械で作るカービングと呼ばれる技法ですね♪

打ちだし現場を撮影していると、俺も撮ってくれ!と、完全防備でグイグイきておりました(笑

カービングも宜しくお願いいたします。

職人さん、に感謝を込めて、みなさま今日もお邪魔しました!いつもありがとう!





このような過程を経て、当店へ届き皆様のお手元に届くシンギングボール達♪

とても心安らぐ音色ですので、これからも宜しくお願い致します♪